本文へスキップ

初心者も経験者も大歓迎!親切丁寧な指導でメキメキ上達。

江戸無外流とはprofile

 

江戸無外流とは

Tsuji-Gettan

辻家祖辻伊賀守から七代目の辻兵内(後の辻月旦資茂)が江戸の地で無外流の道場を開いたことから始まる。江戸本家家元に伝わる江戸無外流は常陸国鹿島より伝わる山口流剣術と新田宮流より伝わる自鏡流の居合兵法を融合した実践的な居合です。
江戸無外流の系譜は、
初代 流祖辻月旦資茂(江州甲賀郡馬杉村、享保12年6月23日没 享年79歳)
二代目 辻右平太(江州甲賀郡馬杉村、寛保2年10月16日没 辻月旦の甥)
三代目 都治記摩多資英(武州多摩群、宝暦11年正月28日没、神官猿渡豊後の長男、後に辻月旦の養子)
四代目 都治文左衛門資賢(武州豊島群、天明7年7月15日没、都治記摩多資英の嫡子)
五代目 都治記摩多源資幸(武蔵国豊島群、文化9年8月26日没、都治文左衛門資賢の嫡子)
六代目 都治文左衛門資信(土州、文政5年8月20日没、山内家家臣資幸の養子)
七代目 都治金市郎嘉重(土州、文政7年8月7日没、土佐藩山内家家臣資信養子)
八代目 都治喜摩多源茂岡(安政6年7月6日没)
九代目 都治啓作定為(死亡年月不詳、安政6年12月父跡目そのまま文久2年3月20日以後家芸御免とし道場を閉める。慶応2年8月17日山内容堂公御馬回り役を任ぜられ以後行方知れず。)
江戸本家江戸無外流は九代をもって絶えました。
その後再興されることなく近年まで来ました。江戸に伝わる無外流を再興するために古流無外流、山口流剣術、自鏡流居合、津田一伝流、一刀流、神道流、その他の武芸の研究と修業を重ね、無外流中興の祖である第11代宗家(姫路系)中川士龍先生のご家族から譲り受けた奥義、遺品とお手書きの資料を基に平成の世に江戸無外流を再興しました。
尚、第11代中川士龍申一先生は代を継承することなくこの世を去りました(昭和56年1月2日享年86歳 龍翁院申道一剣居士)。代を継承しない理由とその強い意志はご家族あての手紙の中で熱く語られています 。


江戸無外流系譜

edo-mugairyu-keifu

 

江戸無外流居合兵法 龍正館

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-7-8
        関山ビル2F

TEL/FAX 03-6261-2256